ハイキュー!!予想・考案・感想ブログ!

ハイキュー!!の予想・考案や感想を書いています。

*

ハイキュー!!音駒(ねこま)メンバー!

   

→ハイキュー236話ネタバレ感想!164cmのMB日向翔陽

→ハイキュー237話ネタバレ感想!日向の成長、合宿の成果!?

ハイキュー!!の烏野のライバル的存在の高校といえば、
東京都立音駒(ねこま)高校でしょう!

私も結構好きな高校です。

全国でゴミ捨て場の決戦!が見てみたいと思っている人も
結構多いんじゃないでしょうか?

実際の所は練習試合では、
音駒(ねこま)高校の方が実力的には上って感じですが!

では今回は音駒高校について書いて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

音駒(ねこま)高校の特徴

音駒(ねこま)高校の特徴は、
烏野高校の影山や西谷のような特質的な
天才プレイヤーが居ないところではないでしょうか!?

普通どこの高校にも特別な力を持って飛び抜けたプレイヤーがいるのですが、
この音駒(ねこま)高校にはそれが存在しない。

しかし天才はいないが高い守備力を誇り、
プレイヤー全員の能力が高いのが特徴!

昔から烏野と交流があり、
小さな巨人が居た絶世期の強さを誇る烏野でも、
音駒高校には一度も勝てなかったほど強い!

 

音駒(ねこま)高校のメンバー

音駒(ねこま)高校のバレー部のメンバーについてまとめてみました!

孤爪研磨(こづめけんま)

ポジション:セッター
猫目な脱力系。
最初に日向と出会ってからは、
良い感じで日向を意識している様子。

キャプテンの黒尾曰く、
音駒の「背骨」「脳」「心臓」と言わしめるほど、
音駒高校の攻撃と守備の司令塔的な重要なポジションであることがわかる。

特徴は鋭い観察眼!
相手がどのように動くか予想し対応できるゲームメーカー。

自分が凄いのではなく、
チームの皆が凄いといい謙遜している。

キャプテンの黒尾とは幼馴染で、
バレーボールを始めるきっかけも黒尾だった。

 

黒尾鉄朗(くろおてつろう)

ポジション:ミドルブロッカー
音駒(ねこま)高校のキャプテンであり、
実力も折り紙つき!

レシーブに特化した実力チームを束ねる。
普段はお調子者の普通の高校生。

しかし一度試合になると、
バレー部主将としての責任感と信頼感を持ち合わせ、
試合を引っ張っていく力を持っている。

ポジション:ミドルブロッカー
音駒高校1年生の犬岡走。
バレー部の中でも極めて運動能力が高く、
最初は捉える事のできなかった、
日向の攻撃を最終的には捉える程まで成長する。

 

スポンサーリンク

 

山本猛虎(やまもとたけとら)

ポジション:ウィングスパイカー
烏野でいうと完全に田中龍之介とキャラが同一。

最初は田中と衝突していたが、
最終的には烏野のマネージャー潔子の美貌に意気投合!

 

夜久衛輔(やくもりすけ)

ポジション:リベロ
防御力の高い音駒高校の中でも特にレシーブの
能力が高いリベロを務める。

烏野攻撃をほとんど拾うほどの守備力の
高さを併せ持つ。

烏野の西谷を高く評価し、
同じリベロとして西谷からも注目される程の実力の持ち主。

 

海信行(かいのぶゆき)

ポジション:ウィングスパイカー
目立たないが音駒高校の副キャプテン。
もちろん副キャプテンということと、
レシーブに定評のある実力の選手。

 

福永招平(ふくながしょうへい)

ポジション:ウィングスパイカー

芝山優生(しばやまゆうき)

ポジション:リベロ

 

灰羽リエーフ(はいばりえーふ)

ポジション:ミドルブロッカー

日本人とロシア人のハーフ。
78話で初登場。

自分で「音駒のエース」と言い、
日向の進化に大きく関わった一人!

高校に入ってバレーボールを初めたが、
194.3cmの身長と高い身体能力で、
音駒の攻撃の要になる。

しかしまだパス、レシーブ、
サーブといった基礎は、
全然ダメだが、
練習後に黒尾たちに特訓を受け上達をしはじめている。

強豪音駒高校バレーボール部のメンバーになります。

 

1・2・・>>次のページへ

 - 音駒高校


スポンサーリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした